カテゴリー「I want to play a game☆」の22件の記事

2017年4月19日 (水)

ワンフェフ☆☆☆

やっと、

念願かなったり🙌🏻🙌🏻🙌🏻

中臣鎌足



3D造形物のフェフ

ワンダーフェスティバル2017冬

に参加してきちゃったぉ🌈


実は

今回、入場券を獲得するまでにも

ちょっとしたドラマがありました


ゆうて…モタモタしていたからなんですがね…


ワンフェスも

かの有名なコミックマーケットと同様、

公式ガイドブックを購入する事で入場できる

というシステムらしく


義兄からの情報では

「アキバだったら、どこにでも売ってるよ。」

なんてハナシだったので

たかをくくっていたんですよ


ぢゃ、ギリでもいっかな


と…


でもって

木曜日の日に(ワンフェスは日曜日)

秋葉原のアニメイトを訪れたんです


すると…

おやおや〜っ?



どこにあるのかなぁ〜

ご存知の通り、

アニメイトはナカナカの物量ですから

速やかに1Fのスタッフに

指示を仰ぎました


すると

思いがけない答えが返ってくるではありませんか…

「お客さん…もう、ありませんよ…。」


しぇ〜っ!!

助けてくれ〜

勘弁してくれぇ〜


転がるように

僕はとなりの

とらのあなに逃げ込みました


が、しかし!

ココでも同じ結末…


もはやアキバから

ワンフェスのガイドブックは

失われし書物となっていたようです





完全に打ちひしがれて表に出た僕に

追い撃ちをかけるかのやうに

メイドさんたちが何やら声をかけてきます

しかしながら

途方に暮れ過ぎている僕に

彼女たちの言葉を聞き取る事はできませんでした…

ただただ

「にーん!」という高音が繰り返し鳴っているようにしか聞こえないのでした

はい…

相当に凹んでいたみたいです…僕


結局、

秋葉原で探すのはこれくらいにして

後日、

渋谷に望みを託しました


ってゆーか、

ちょっと待って!!


この話…本筋に全くカンケーないんで

割愛させていただきますよっ!


というワケで

なんだかんだで





公式ガイドブックを手に入れる事ができた僕たちは

いざ

ワンフェフに赴くのでした…


僕、

てっきりガイドブックば購入すると

中に入場券が封入されているとばかり思い込んでおったとですが

実際には

タウンページばりのガイドブック本体(!)が

入場券!!


マジすか…

現場までコレ持って行くん?


行くんです…


エントランスでは

各々がタウンページばりのガイドブックを

点在する、係の人達に向けて

まるで盾を掲げるように入場します





しかも

「点在する、係りの人達」ひとりひとりに

確認されるまで

しばらくの間

掲げっぱなしで会場入り…





僕が今まで経験してきた

LIVEやクラブイベントで採用されている

もぎりde入場システムとは

あまりに異なる様に

自然と

心が踊りました


しかも

ココでは

リアルに踊り出したところで

咎められるような事もありません


いっちょ

踊っとくか☆




おっと、失礼…


振り返るとそこにはプレデターが👽





素晴らしいクオリティです

口まで可動しています


ん?なになに?

映画さながらの

ゴショゴショした物言いなのに

ナゼかこの時は

彼(?)の意思が伝わってきました



なんと!

一緒に写真を撮っていいとの事…


ハッキシ言って

僕にそんな気は無かったのですが


そこまで言うのなら…

ねぇ

ハイ☆チーズ✨





仕方なく写真撮影に応じた僕は

気を取り直して

会場内へ歩を進めると…


広大な場内は

企業ブースと個人参加のブースに分かれていました


それにしても…


フィギュア、





フィギュア、





フィギュア!!





(そりゃそーだ)


まるで僕の大脳が歓喜の声をあげているかのよう…


大小様々、





クオリティも様々、





ジャンルも様々…





とてつもない情報量に

さすがにヘロヘロです…💀💦





そして

今回、ワンフェスに参加してみて

見えてきた事もありました


それはなにかと言うと

僕はかなりのフィギュア好き…

の、はずなのですが

これだけ広大なエリアにひしめく

膨大なフィギュアがありながらも

興味を惹かれるモノは

せいぜい一割程度…

といったところでしょうか


でもいいんです

たったひとつですが、お買い物もできましたし🎁







また参加したいと思いますよ

とっても楽しかったのでね☆☆☆


ところでみなさん、

「え〜っ?高嶋さん、オタクだったのォ?!」

と引いちゃってる頃かもしれませんが

僕が3D造形物オタである事には

むしろ…

よろこんでいただきたいですね👍🏻





なぜなら

みなさまのヘアーも

3D造形物に他ならない







かつ

僕は

先ほども申し上げたように

ぬるい造型などで

心揺さぶられたりはしない、

徹底的に妥協しないタイプのオタクですから!!👅👅👅


この事に関しては

次回にまとめる予定の

『クルマちゃん(仮)』

のコーナーで

もう少し突っ込んでいきたいと思いますので

ご期待下さいませ


See ya!!!



☆☆☆☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月15日 (水)

お蝶夫人☆☆☆

どうも☆

昨年(2016)の水無月に断髪を行ってからというもの

着々と短髪化が進んでいる髙嶋です






今もなお

様々な御意見をいただいているところですが

とりあえず、

『今年の間は』ショートカットスタイぉで

いってみようかと思っておりますよ


でも

久しぶりに髪を短くしてみて感じたのですが…

僕はイマイチ、

ロングヘアーの反社会性

というものを理解できていなかったようです


僕の中では子供の頃から

ロングヘアー=カッコいい

という方程式が強固に確立されていたものですから

気付くワケもありませんよね…


ところが

世間的にはそうではない

らしいぢゃないですか…





知りましたよ…

最近ね


はい。

職業は美容師のはずです

ヘアデザイナーと呼んで下さってもよくってよ☆


驚きました

下を巻く

とはこういう事を言うのでしょうか

今後は巻き舌で接客させていただきます

それこそ

反社会的ですか?


要するに

世間ではレッテルの持つイメージに引っ張られすぎて

情報の本質を取り違える

といった事態が頻発しているワケです


もしかすると

僕と知り合いの方々の中にも

僕が反社会分子だと誤解している方がいらっしゃるかもしれません

ですから

実は僕が

POPでキャワイイキャラクターである事を

しっかりと認識してもらうまでの間は

髪型もキュートめにしてですね…


お互いにアップデートし合いたいな


というところなんです


ね☆


なんて思っていた矢先、

つい先日…

ウチのサロンの

一番のヘビーユーザー(色んな面でな)のお客様が

ショートカット髙嶋に向かって

「アタシはオマエのお蝶夫人ばりの巻き髪が大好きだったのになぁ…一体コイツは誰と戦ってるんだ?って感じで。」

と言い放ったとです…


僕は思わず

THE ALFEEの高見沢さんならまだしも、

お蝶夫人はなくね?!

と検索エンジンに

反論材料を求めました





へぇ〜

知らなかった

お蝶夫人って名前くらいは聞いた事がありましたが

テネスプレイヤーだったのですね

んでもって

ほらぁ〜

さすがにこんなんじゃなかったっしょ〜


と、

安心したのも束の間…

何気に僕の指は

iPhoneの画像フォルダを

バックトゥーザフューチャーしています

そして

ある画像が目にとまりました

ロン毛だった頃の僕の画像です


どれどれ…

あぁ、

これは前にデパッチ行った時の…


…?!





ま…

















いや〜…


あの〜…


はい…


すみませんでした…


完敗DEATH💀


僕がおもっていたよりもずっと

僕は

お蝶夫人だったようです


一体誰と戦っていたのでしょう?


エースをねらいたかったのでしょうね


まだねらえるかな?


こんな僕でも…


「人生は旅だ」と誰が最初に言ったのか。

砂利といばらと暗闇と・・・

そんな道が気の遠くなるほどつづく。

けれど確かな光が見える。

今が苦しければ苦しいほど前へ進まねばならない、

この苦しみから抜け出るために!

果てしない悩みなどない。

底なしの苦しみなどない

by 竜崎麗香



この一球、絶対無二の一球なり!!





☆★☆★☆★☆









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 8日 (木)

ドラクエ7 ★長すぎる初めてのおつかい伝説☆too long to die…

世間の『ポケモンGO』熱も



すっかり冷めてきた頃でしょうか?


え?

僕ですか?


ええ…





ぽっくんは

世間の誘惑にのまれないように、

意固地になって

『ドラクエ7』を始めましたよ☆





ドラゴンクエストって

ふとした時に

あのメインテーマ曲を耳にすると

無性にやりたくなる時はありませんか?


やりたくなるだけ

だったんですけどね…


今までは…


ドラゴンクエストシリーズは

若い頃に1〜5まではキッチリとクリアした経験があるんです

(6は途中で止めたんだったかな…)

そこで

未経験のタイトルに手を付けておけば

僕がドラクエをやってる間に

世間のポケモン熱も覚めるっショ

って魂胆だったわけです


で…


いま?


えぇ…

まだ、やり続けてはいるんですがね…


そんなにね…


面白くないんですよ…💀💦







いやね、

お断りしておきますが

僕はどちらかというと

ドラクエファンだと思いますよ‼︎sweat01sweat01

FFシリーズには手をつけた事がありませんし、

なにせ

ドラゴンボール世代だったワケですから

鳥山明のキャラデザにも親しみが深いわけです


ただ…

以前、担当させていただいたお客様に

スクウェアエニックス(ドラクエをつくっている会社ね)関連の方がいらっしゃったので

謹んでお尋ねしてみた事があったんですよ

僕「ドラクエ1〜5まではやった事があるんですが、それ以降にリリースされているナンバリングタイトル(その当時、最新は10)でオススメってありますか?あったら帰りに買って帰るんで。」

客人「いいえ!オッケーです!!」


ナルホド…

そ〜ゆ〜事でしたか…


そういう事だったのね?!


その言葉に偽りはなかったようです…


さらに、

よりによって

僕が始めてしまった『ドラクエ7』は

シリーズ最長のシナリオ

だったらしく…


はい…

長いんですよ…


iPhoneの画面でやるにはね…


僕は色々と選択を誤ったようです


あとねぇ…


どいつもこいつも

頼み事ばっかり

してくるんですよ…


あ、村人たちがね


『おつかい』ばっかり

やらされるんですよ


こっちがガキみたいな見た目をしているのをいいことに

すぐにつけあがるんです


だから、

いいかげん…

「そんなもんテメェで取って来いや!ゴラァっ!!」

って

渾身の力を込めて【いいえ】を押すんですよ


でも、

やっぱり物語を先に進めたければ

最終的に【はい】を押して

僕が取りに行かなきゃいけないんですよねぇ…


ハァ〜💦

やれやれ…


世界の平和を守るのって

とてもタイヘンなんですね


お使いをやらされた上に

仲間の犠牲をはらいつつ

魔物まで退治して来たって





ヒドい時には

宿屋に泊まるにも

村の救世主からカネを取ろうとしてきますからね


って、

そんな矢先に…






まぁ〜たぁ〜お使いかァァァァァ〜っ?!


かわりに族長の首でもハネてやりたくなりますよね?


ねぇ?!


ねぇ!!


貴様のクビを差し出せぇ〜い!!





嗚呼…


そんな事では

勇者はつとまらないって事ですかね…?


はい…


もう十分だす…


やめさしてもらうわ!!





★★★★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月24日 (日)

ポケモンGO とて NY★☆★☆★

ついに日本でもリリースされましたね





【PokèmonGO】


世間体を気にして

髪まで切ってしまった僕としては






流行りに乗じてポケモンにまで…?!


手を出すどころか

お弁当箱に入れてお持ち帰りしてしまいそうな勢いです…💩



かつて、


小学生達に脅されて

無理矢理インストールさせられた【パズドラ】






アキバ系と間合いをつめる為には必須であった

ラブライブ!の【スクフェス】





次々と流行りのコンテンツに身を染めて来ましたからね


ここで僕がポケモンGOに手を出したとて、

誰も責めやしないでしょうよ


むしろ

日々のサロンワークにおける話題作りにも事欠かないでしょう


だかしか〜し!

いつまでもメインストリームに乗り続けられないところが

実に残念な

僕なのですね…


いったい何が気に入らないというのでしょうか?


実は19歳の頃、

ゲームボーイ版の初代『ポケモン』はプレイした事があるんですよ


当時、

TVよりも電子レンジを選択してしまい

静かに独り暮らし始めたばかりの僕を

あわれに思ったのか

専門学校で遭遇した人間が貸してくれたのでした


少しムーブメントが落ち着いていた事と

そもそも新天地に降り立ったばかりで

通信をする相手も居なかったものですから

フツーに単独でRPGとしてプレイし

ナゼか『ピカチュウ』とも一度も出会う事なく

しめやかにエンディングを迎えたのでした…


なんなんでしょうね?

名前が気に入らないのかな?


たしかに【ポケモン】という響きは

ロックじゃありませんよね


ポケットにはビスケットで十分です★


シェケナベイベー!!


何でも流行りに乗っちゃうくらいなら

今さらデスメタルなんて聴いてないで

サッサとEXILEを聴いて

ULTRAのVVIP席でヒューヒューですよね

あ、その前に日サロかな

裏声で歌えるかな?

ドン・キホーテ行かないと

ミニバン用意してね

TATTOOは…入ってる👍

あとはラップくらいかな

ドンキに売ってるよね?

中目でだいたい揃うわ

中目ヤバくね?

NY = Nakame Yabai





ですから

幼女の愛人でも現れない限り、

ポケモンGOにだけは手出しはしません!!


ヒロミかGOにしておきます☆☆☆


ジャペェ〜ン❗️

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月10日 (日)

ラップDAおいしさ逃がさないYO!

いつの間にか

巷ではラップブームが起きているようですね


若者のるつぼである渋谷のTSUTAYA前でも

フリースタイルバトルが繰り広げられておりますし





それにちなんだTV番組のハナシを耳にする機会も増えてきた気がします

なかなか人気が高いようです

『フリースタイルヤッジョン(?)』でしたっけ?

まるで讃岐弁のようなタイトルですね?

まさか讃岐弁だけを用いてディスり合いを敢行するといった

斜め上な番組だったんですか?

それはそれは四国地方を中心にコアなファン層が生まれそうですね…

納得です


あ☆

せっかくだから

四国地方以外からの読書の方にもおわかりいただけるように

どのあたりが讃岐弁だったのか?

手短に説明いたしますね


讃岐弁では

標準「〜やってんの?」と質問する場面で

讃岐「〜やっりょん?」という語尾を用います

で、その「〜やっりょん?」をさらに俗っぽく土着的なフィーリングに転換したものが

讃「〜やっじょん?」となるわけです

例えば、

久しぶりに再会した友人が

僕に対して

「お前、まだ美容師やっじょんか?」

といった使い方ですね

「高嶋くん、美容師やっりょん?」

に比べて少々スランギーなテイストが生まれますでしょ?

みなさんも相席屋あたりで試してみてくださいね




そういえば

『マツコ会議』という番組でも

下北沢にあるピーコックの上で

ラップ教室が開かれているのが

題材となっていました

もはやラップ

どこへ行ってもラップです

選挙の演説すらラップ調ですか?

KA-TUNの中丸くんだってビートボックスをやってしまうほどですよ





え?もうやってないの?

それはさておき、


そういった世の流れの影響なのか

マツモトキヨシでも先日、安売りをしている場面に遭遇しましたよ




さらに

僕のcustomerの中には

とても感受性の強い方もいらっしゃるのですが

その方なんて、

夜な夜な鳴り止まない物音に悩まされる始末です…

もはやブームというより

ムーブメントといっても過言ではありませんね


僕も一般の方よりは

ラップを多用する方ですが


みなさんはいかがですか?



なんだったら

この際、

この波に乗っちゃって

ご老人たちにも波及させてみるのはどうでしょうかね?

新しい川柳のカタチと吹き込み

ご老人たちにも思う存分、

思いのたけを吐き出しあっていただければ

恋のもつれ等で殺し合ってしまうような事件も

減ったり減らなかったり?

もしかすると認知症の予防にもひとやくかってくれるかもしれませんね


以前、

実家に戻っていた頃に

祖母が母に向かって

祖母「あの向こう手のアレ、ナニしといて。」

母「ああ、向こてのアレな。」

というやりとりだけで

ミッションをコンプリートするという

衝撃的な場面に遭遇した事があります








ということは老人同士がフリースタイルバトルを繰り広げた場合

👴🎤YO!YO!あの なんじゃ それ?

そのもんぺ どこのや?

👵🎤HO!HO!その なんじゃ これ?

このもんぺ シマムラ!


などといった

「アレ」や 「ナニ」のみで韻を踏んで構成させる

もはやテレパシー合戦のような光景が

繰り広げられるかもしれませんね


のどかな景色が目に浮かびます☆


が、


熱くなりすぎて熱中症にはならないように…


あ☆そうそう

「Hey!What’s up?」

を、讃岐弁で表現すると

「なんがでっきょんな?」

となります


JUST DO IT!!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月16日 (火)

★The メタリック リバイバル★

こわいですねぇ…


「妥協」や「逃げ」は

まるで『沼』のよう…





一度踏みこむと、なかなか抜けられません


例えば

本心では

「久しぶりにドラクエやりたいなぁ」





なんて思っていたのに

妥協して

ソシャゲの【星のドラクエ】なんぞに手を出してしまったら

結局、無駄に時間を浪費するハメになり…

だったら最初っから

「ちゃんとしたドラクエやっときゃよかった💀💦」

なんて事になるわけです


思春期には

「社会の歯車なんかになりたくない!」

と、敷かれたレールから離脱しておきながら

ソシャゲなんかにハマってしまったら

それはもう歯車未満ですからね…





あぶない…あぶない…


まぁ、

それが『沼』と知りながらも

あえて踏みこんで行く『勇者』達は別ですがね





こちらの『沼』は

「逃げ」や「妥協」ではありませんから

あしからず…


要するに何が言いたいかと申しますと

ボク…

髪を切ろうと思ったんです

バッサリとね☆





日頃から

メタラーなのに髪を切るヤツは

ダサい!

日和ってる!!




などと連呼していたにもかかわらず…


やだな〜

こわいな〜



まるで稲川淳二の台詞のように

向こうから

スー…

スー…っと

やって来るんですよねぇ


だけど、

みなさん

安心して下さい!





そんな「迷い」は

一瞬で振り払いましたので

迷わず!

ボクのところへ髪を切りに来てください★






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 2日 (火)

尻過ギ禁モツ☆☆☆

人とはつくづく愚か者である


現代のホモサピエンスは

絶賛、進化したテクノロジーを受容しているように(も)見える

ところが…

人間自体も進化しているのか?

という部分に関しては、疑問を拭えない


例えば

公共の乗り物にのれば

大多数の人間が

ここ最近の大発明と名高い

スマートフォンに「支配」されている

人間側は「ツール」だと思っているところだろうが…


そういう私もそのスマホなるモノでこの文をしたためているところなのだが…


話を戻そう

その世界中でおきている「現象」を

果たして一口に進化と呼べるのだろうか?


一部の見解では

人間自体は農耕時代から

大幅な進化をしていないとも言われている


それは

世の中の「デザイン」という分野にも見てとれよう


一度人間が生み出したデザインの物も

クオリティの高い物は

いつの時代にも讃美され続けているが…


私の趣味であるエレキギターなんてものは

1950年代に完成をして以来、

今日にいたるまで

それを越えるデザインが生み出されてもいない…





そういう事例はゴマンとありそうである


ひょっとして、

人はこれまでもずっと…


ある一定のフォーマットの中で

反復横とび的にチョコチョコ動いて生きて来たのではないだろうか…


だからこそ

生命には寿命があり、

この星の上で

ただひたすらに

反復横とびを繰り返しながら

生涯を終えていくのではなかろうか…


時折、この星の外へ飛び出して行く者もいるようだが…


そういえば

私は自分の部屋の中で

それに似た事例に遭遇した事がある


それはかつて、海水魚に魅力を感じ

我が家の水槽で飼育を行なっていた頃の事…


年数をかけて育てあげた水槽の中には

色とりどりの魚や無脊椎動物、

そしてそれらが生存するのに必要な光線や栄養も整っていた

秩序は保たれ

まるでそれは小さな海のようであった


ところが…

ふいに一匹のシロボシアカモエビが水槽の外へ飛び出したのだ

海水の生き物たちは外で生きられはしないのに…

である


後に

『エビ子の冒険』

と名付けられた事例であった


このように

稀にこういった出来事もおこりうるが


あくまでも人間は

この「地球(ほし)」

というフォーマットの上で

生涯を賭するもの

のようである



そこにひとつの本がある

それを手にした人間には

それをどう愉しむかの自由がある


その本が小説だとしたら

先にクライマックスを読んでしまう事もできる

ただそれは

自らの先の感動を自らで薄めてしまう行為…


山頂には

その道を極めた者にだけおとずれる「世界」がある

ドローンやGoogle earthを用いて

片手のスマホで疑似体験できるものとは

似て非なるものであろう


ネタバレとは

それほど危険な行為なのだ


植物は小さな鉢では大きく育たないし

動物もその環境に見合ったサイズにしかならない


人間は「ツール」を選択できるが…

それは自らの尺をわかった上で?


というわけで…

尻過ぎて人生を棒に振る前に

反復横とびしてきます





☆☆☆☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月14日 (木)

下戸が見たウタゴコロ💤★☆

No music, No hell ♪

てな感じでね

アタクシ、この世の

KARAOKEkaraoke

って遊びがめっぽう好きなんですが…


え?

HEAVY METALしか聴かないのに

何を歌うのかって?





とりあえずは

ベタなところで

演歌や昭和歌謡です☆


だって

気ィ持ちイイィィ〜っ!!





じゃないですか


ねぇ?


ただ…

やはり通常時は

やっかましい咆哮などを主として愉しんでいるもので

永らくの間

『歌』を『歌』としては受容しきれていなかったようなんです

それはいかなる事かと申しますと

ヴォーカルパートも

ひとつのサウンドとしてしか

認識できておらず、

歌詞の内容や世界観なんてものは

完全にスルー…


どんな事を歌っているのかなんて

知ったこっちゃ無かった

ってワケです


イギャアァァァァァァァァ〜っ!!





あ、今もちょうど

このブログを綴りながら

耳元でデスメタルが鳴っているんですが

ナイスなタイミングで

絶叫が入ったので

出しておきましたよ★


ところがね…


ここんところ、

少ぉしばかり英語をリスニングできるようになってきた影響で

否が応でも

歌詞でどんな事を言っているのかが

入って来るようになってきているんですよ…


そんな矢先にコートダジュールへ行った際、

吉幾三 「酒よ」

をセレクトしたんですが…


この手の曲はキッチリ3番まであるところが

イントロが始まった瞬間、ドン引きのリスナーを

さらにガッツリ引かせる要因ともなっております

展開に1ミリの変化もなく

まんま3周しますからね

ドラゲナイな人たちにとっては

ほとんど拷問ですよ


つ〜か…

メンヘラだぁ?!

そんなんだったら生放送中に

出し抜けに

後ろにいるスリップノットみたいな奴の

マスク剥ぎだしたりしちゃって

セカイヲオワラセテミロヨ!!

ドラゲナイ!!




おっとっと

そんな事はお構いなしにボクは唄い続けるのですが

「酒よ」の2番にさしかかった時…


飲みたいよ浴びるほど 眠りつくまで

男には明日がある わかるだろう

詫びながら 手酌酒 演歌を聞きながら

愛してる これからも

わかるよ なァ酒よ


ナゼかこの時はヒシヒシと脳内に侵食して来る歌詞の世界観、

呑み屋のカウンターの端っこで

何度も何度も酒をこぼしながら

酒の入った器を相手に

語りかけつつも

謝罪を続けている

オッサンが独り…


2番でとっくにこの調子なら

3番ではのっけから

ベロンベロン

って事やろ?!இ(☝ ՞ਊ ՞)இ☝️

サビにたどり着く事なく、カウンターの下にて


THE END…☆





詫びながら 手酌酒 演歌を聞きながら

愛してる これからも


わかるよ なァ酒よ…


わかるよ なァ酒よ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月16日 (木)

ドラゴンクエスト★ドリフターズ 〜夜の勇者たち〜

いやぁ…ささっちゃいましたsweat01

ドラクエの戦闘曲★




レベル上げ等でひたすら敵をシバき倒しまくっているときには

ただただ冒頭ばかりを繰り返し聴くハメになるのですが、

苦戦を強いられ戦闘が長引くとスリリングに展開してゆく曲構成…


ナツい、懐いなァ〜☆




思わずオリジナルのゲーム音でも戦闘曲メドレーを拾っちゃいましたよ


リアルタイムだったんです

【DRAGON QUEST】は

カニ歩きだった『Ⅰ』から

シリーズを重ねるごとにシステムも進化

『ふっかつのじゅもん』を書き損じてテレビの前で放心してみたり

『ぼうけんのしょ』が消えてしまってテレビの前で虚脱してみたり

新作発売日にはドラクエ狩りが行われ

そして伝説へ…







とは言ってもボクが本気でガッツリやったのは世代的にも『Ⅴ』までだったようです


当時

週刊少年ジャンプ世代だった我々は

ドラゴンボールという懸け橋もあり

するするとドラクエにのめり込んで行ったワケですね

(念のために知らない人や女子供たちの為に軽く説明するとドラクエのキャラクターデザインはドラゴンボールの作者『鳥山明』氏だったんです)

あと週刊少年ジャンプの誌面上で新作の開発リポートが掲載されていたため…

自然と次作の発売日を待ちわびたものです


キャラクターの親和性に関してはビックリマンの影響もあるかもしれませんね

キャラのプロポーションがちょっと似てませんか?





とにかく、

すり込み(?)というモノは末恐ろしいもので

今でも

時々どこかでドラクエのテーマソングを耳にしては

ドラクエ熱を呼び戻されそうになっています


そこで

偶然知人にスクウェア・エニックスのまわし者がおりましたので

軽くレコメンドしておうと思い

サ「俺がやってないナンバリングタイトルで、コレはやっといた方がいいってヤツある?」

と問いかけてみました


いまや

ファイナルファンタジーシリーズのスクウェアと

ドラゴンクエストシリーズのエニックスが

力を合わせているこの世界

とんでもない名作が生み出されている可能性があるぢゃないっちゃれら?!


何なら帰りしなに買って帰ってやろうか!くらいの気持ちで回答を待ったのですが

客人「イヤ!大丈夫っす!それでオッケーです。」





サ「そうなんだ…ありがとう☆」



そういえば、ふと思ったんですが

魔法ってあんまり使った印象がありませんね…


アタシのドラクエの戦い方はというと

ひたすら

▷たたかう

を選択!

ただひたすらに!

攻撃魔法なんて使うもんですか

後ろの奴らに回復魔法だけを唱えさせながら

どちらかがブッ倒れるまで

ベタ足インファイトで

どんなラスボスも

シバき倒して来たんです


え?

間違ってる?


だって竜王にベギラマ効かんかったやん

せっかくバイキルトとかやっても

ゾーマはすぐ『いてつくはどう』してくるやん!


おっと…

楽しみ方はヒトそれぞれですね

戯言はこのくらいにして


どなたかDJの方々、

アッシをドラクエ戦闘曲で踊らせておくんなせェ!

『Ⅰ 〜 Ⅴ』までで!!

いい時間帯に【ゾーマ戦】の曲とか来ちゃったら






昇竜拳出しますheart04heart04


お願いしますね★★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月10日 (木)

おいっス☆U.S.A.

☆お客様へ★

誠に勝手ながら

夏季休暇のご案内をさせていただきます

私、7月13日〜8月1日まで

新婚旅行という名目で渡米します


かつて

イラク戦争、有事法案可決…以来

アンチアメリカ、Fuck the U.S.A.

という精神でまいりましたが


今回、

ナツの最も敬愛するバンド『KORN』の聖地巡礼という事で…

西海岸の方へ参じる事とあいなりました


ただ、行って来るからには

相手を知らずしてアンチも無い

と思いますので

しっかりと見聞を広めて来ようと思います


最初で最後の渡米になる可能性もアリアリですからね


私個人も少年時代にハマったHR/HMが

発展した都市でもありますので…


つきましてはお客様方々に

ご迷惑をおかけいたしますが

よろしくお願いいたします。


留守中のご連絡に関しましては

FacebookやLINE

kyokino666satan@i.softbank.jp

でしたら

米国のWI-FI環境下で確認できますので

そちらの方にお願いいたします。


See ya!!\m/ ★★★



| | コメント (1) | トラックバック (0)