カテゴリー「ペット」の14件の記事

2016年7月24日 (日)

ポケモンGO とて NY★☆★☆★

ついに日本でもリリースされましたね





【PokèmonGO】


世間体を気にして

髪まで切ってしまった僕としては






流行りに乗じてポケモンにまで…?!


手を出すどころか

お弁当箱に入れてお持ち帰りしてしまいそうな勢いです…💩



かつて、


小学生達に脅されて

無理矢理インストールさせられた【パズドラ】






アキバ系と間合いをつめる為には必須であった

ラブライブ!の【スクフェス】





次々と流行りのコンテンツに身を染めて来ましたからね


ここで僕がポケモンGOに手を出したとて、

誰も責めやしないでしょうよ


むしろ

日々のサロンワークにおける話題作りにも事欠かないでしょう


だかしか〜し!

いつまでもメインストリームに乗り続けられないところが

実に残念な

僕なのですね…


いったい何が気に入らないというのでしょうか?


実は19歳の頃、

ゲームボーイ版の初代『ポケモン』はプレイした事があるんですよ


当時、

TVよりも電子レンジを選択してしまい

静かに独り暮らし始めたばかりの僕を

あわれに思ったのか

専門学校で遭遇した人間が貸してくれたのでした


少しムーブメントが落ち着いていた事と

そもそも新天地に降り立ったばかりで

通信をする相手も居なかったものですから

フツーに単独でRPGとしてプレイし

ナゼか『ピカチュウ』とも一度も出会う事なく

しめやかにエンディングを迎えたのでした…


なんなんでしょうね?

名前が気に入らないのかな?


たしかに【ポケモン】という響きは

ロックじゃありませんよね


ポケットにはビスケットで十分です★


シェケナベイベー!!


何でも流行りに乗っちゃうくらいなら

今さらデスメタルなんて聴いてないで

サッサとEXILEを聴いて

ULTRAのVVIP席でヒューヒューですよね

あ、その前に日サロかな

裏声で歌えるかな?

ドン・キホーテ行かないと

ミニバン用意してね

TATTOOは…入ってる👍

あとはラップくらいかな

ドンキに売ってるよね?

中目でだいたい揃うわ

中目ヤバくね?

NY = Nakame Yabai





ですから

幼女の愛人でも現れない限り、

ポケモンGOにだけは手出しはしません!!


ヒロミかGOにしておきます☆☆☆


ジャペェ〜ン❗️

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 2日 (火)

尻過ギ禁モツ☆☆☆

人とはつくづく愚か者である


現代のホモサピエンスは

絶賛、進化したテクノロジーを受容しているように(も)見える

ところが…

人間自体も進化しているのか?

という部分に関しては、疑問を拭えない


例えば

公共の乗り物にのれば

大多数の人間が

ここ最近の大発明と名高い

スマートフォンに「支配」されている

人間側は「ツール」だと思っているところだろうが…


そういう私もそのスマホなるモノでこの文をしたためているところなのだが…


話を戻そう

その世界中でおきている「現象」を

果たして一口に進化と呼べるのだろうか?


一部の見解では

人間自体は農耕時代から

大幅な進化をしていないとも言われている


それは

世の中の「デザイン」という分野にも見てとれよう


一度人間が生み出したデザインの物も

クオリティの高い物は

いつの時代にも讃美され続けているが…


私の趣味であるエレキギターなんてものは

1950年代に完成をして以来、

今日にいたるまで

それを越えるデザインが生み出されてもいない…





そういう事例はゴマンとありそうである


ひょっとして、

人はこれまでもずっと…


ある一定のフォーマットの中で

反復横とび的にチョコチョコ動いて生きて来たのではないだろうか…


だからこそ

生命には寿命があり、

この星の上で

ただひたすらに

反復横とびを繰り返しながら

生涯を終えていくのではなかろうか…


時折、この星の外へ飛び出して行く者もいるようだが…


そういえば

私は自分の部屋の中で

それに似た事例に遭遇した事がある


それはかつて、海水魚に魅力を感じ

我が家の水槽で飼育を行なっていた頃の事…


年数をかけて育てあげた水槽の中には

色とりどりの魚や無脊椎動物、

そしてそれらが生存するのに必要な光線や栄養も整っていた

秩序は保たれ

まるでそれは小さな海のようであった


ところが…

ふいに一匹のシロボシアカモエビが水槽の外へ飛び出したのだ

海水の生き物たちは外で生きられはしないのに…

である


後に

『エビ子の冒険』

と名付けられた事例であった


このように

稀にこういった出来事もおこりうるが


あくまでも人間は

この「地球(ほし)」

というフォーマットの上で

生涯を賭するもの

のようである



そこにひとつの本がある

それを手にした人間には

それをどう愉しむかの自由がある


その本が小説だとしたら

先にクライマックスを読んでしまう事もできる

ただそれは

自らの先の感動を自らで薄めてしまう行為…


山頂には

その道を極めた者にだけおとずれる「世界」がある

ドローンやGoogle earthを用いて

片手のスマホで疑似体験できるものとは

似て非なるものであろう


ネタバレとは

それほど危険な行為なのだ


植物は小さな鉢では大きく育たないし

動物もその環境に見合ったサイズにしかならない


人間は「ツール」を選択できるが…

それは自らの尺をわかった上で?


というわけで…

尻過ぎて人生を棒に振る前に

反復横とびしてきます





☆☆☆☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月24日 (土)

★Goodbye to romance…☆

1324654312884.jpg


この時期…

この部屋に

また

冬の寒さがやってくると


思い出さずにはいられない事がある

忘れてしまってはならない事がある


1324654316716.jpg


ゴメンな…


そして


ありがとう


ニュート…


★★★★★★★


I said goodbye to romance, yeah


Goodbye to friends


Goodbye to all the past…


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

☆キャッツ UP メン?★にゃんがでっきょんな?☆

☆キャッツ UP メン?★(なんがでっきょんな?)
☆キャッツ UP メン?★(なんがでっきょんな?)
Hi!

サタンだ★


みんな!ハートぐらいはホットに保ててるかい?

俺かい?

モチロンだ!

ホカロンか?

品切れだ!!


納豆だって…

品切れだ!!


ウワサによると、納豆なんて日持ちしないらしいじゃないか!!

まぁ、桃尻の+ヨゴレ+君に言わせりゃ

「あんなもん最初っから腐ってるじゃないですか。」

って事なんだが…

俺は、納豆ってヤツは食わない事にしてるから詳しい事はわからねェ

本当にそうなのか?


あっ!そうそう…

俺自身は納豆を食わないが

俺の隣で納豆を食う事は…

オッケーだ!!

遠慮なく食ってくれ!!

あっ、そうか…

納豆はソールドアウトなんだったな…

だったら入荷した時には

思う存分、俺の隣で納豆を食いまくってくれ!!

おっと、随分ホットになっちまったが

やたら隣で納豆を食ってほしくてほしくて仕方がないワケではないんだ

勘違いすんな!


あともう一つ言うと納豆に関しては【食わず嫌い】なワケではない

食べた上で、嫌いなんだ

付け加えておく!


おっと、

別にそんなハナシをする為にここに来てもらったわけじゃなかったっけな

実は最近…

めずらしく哺乳類に手をやいているんだ


それが、


ネコ科の生物なんだが…


ネコなんだ☆


海外に行っている知人から頼まれて、一時的に面倒を見ているだけなんだが

ナコなんて久しぶりだぜ!!

地元の親友んチでヨロシクして以来だからな


しかし、

二人もナコが居ると…

いや、ネコだ!

しかも二匹!!


アクティブなキッズ達だから

トラブルだらけだぜ!

すでにオモチャの【じゃらし】は数回破壊された…

その度に、俺がこっそりなおしてるんだ!

モチロンそれは知人が帰って来た時にしかられない様にだ

俺が!!


そういえば

一匹の方のナコが

喉のあたりから奇妙なサウンドを出すんだ

あれは一体なんなんだ?!

イオナズンでも唱えようってのか?!

まったく不可解なヤツらだぜ!!


部屋に戻れば、

一番大事にしている【へび山】にもいる威嚇されるし…

So F××k'ing What!!


ねばり強く生きる為には

納豆を食えってのか?!


☆☆☆☆☆☆☆


そうだ…

最近、客人から

「こんな時期に頭なんてやってもらっても平気ですか?あと東京にいるんですか?」

なんて質問を受けるんだ

モチロンだ!

ホカロンは無いけど…

桐灰ならある!

貼らないタイプだ!!

貼るタイプがいいなら…

他に言ってくれ!!


★★★★★★★


このとおり

TOKYOでピンピンしとります

わたくし…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

☆ニュートの居ない部屋★

ウチに来ておよそ6年

最初っからデカかったけど

もっとデカくなっていた

命に限りがあった…


とは言っても

前の職場に居た頃は、大してかまっでやる事もできなかった

前の職場を辞めてからこれまでの約一年はなるべく関わって来た…

つもりだ…

ウチに来て間も無い頃

知識があさくて、火傷をさせてしまった事があった

よかれと思ってした事ではあったのだけれど…

そんなモノは言い訳にすぎない

その傷を見る度、

「ゴメンな…。もっと早く知識を身につけていれば…。」

と、悔いながら

その分、なるべく大切にしようと心掛けた…

つもりだった

所詮、つもりにすぎなかったのだ…

今回、里帰りの際

置いて行った…

こんなに寒かったのに

弟分が時々見に来てくれるという事だったので

どこか安心していた

以前、ヨーロッパに行った時も、何度かウチをあけた

今回も同じ気持ちだった

行く直前にも

色んな手を施した

つもりだった…

今回の帰省には

様々な「おもい」があり

少し、自分中心になっていたのかもしれない

まわりの誰も悪くない

自分の責任だ

こんな寒い時期に…

部屋に帰ると

保温球のあたらない床で

ぐったりとしていた

すぐにからだを温め

風呂をわかして…

その場でできうる事はした

その時はまだそこに…

ただ…

今までとは何かが違う

苦しそうだった

専門家の知人に連絡をとったのだけれど

年齢的にも覚悟しておいた方がいいという

答えだった

命には限りがあるという事ぐらいは

知っていたつもりだった

ニュートがデカい事も…

ただ、突然だった

自分のせいで…

かつて、友人が先立った後にも感じていたのに…

その時になって

あの時、コレをやっていれば…

あとになれば

もっとできた事はあるんじゃないか

やらなかった選択肢が頭の中から離れない…

ゴメン…

寂しかったろ?

寒かったね…

風呂であたためたカラダがあたたかいうちに

思い出の場所に埋葬した

以前、引越しの時

リュックにブチ込んでバイクで一緒に移動した道を通って

ニュートが好きだった食べ物やおやつと共に

いつも安心しきって眠っていた時のポーズで

あの「トチスタイル」で…

夜の間に

ケージも片付けた

目覚めた後に

残されたそれらを見るのはつらすぎるから…

でも、この部屋には

最初っからニュートも一緒に越してきている

アイツの為のものが沢山ある

窓から差し込む日の光ですら…

自分が寒いと感じる度

アイツはもっと寒かったんだと感じてしまう

命には限りがある

それはわかっていた

ウチにはまだ

ヘビ山も居る

コイツは元気だ


世話をしたり

面倒をみるという事

その気持ちを

知りもしなかったこの俺に

それを教えてくれた存在

かわいかった…

咬んだり、攻撃してこない事も

誇りだった

自分の上でリラックスしているアイツ…

その重量感…

思い出せば、きりがない


本当に涙がとまらない


自分にとってこういう存在は初めてだったのかもしれない

命の尊さ

楽しさ

喜び

悲しさ


沢山教えてくれた

今まで一緒にいてくれて

本当にありがとう


ニュート

大好きだったよ☆

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年12月29日 (水)

☆日は違っても同じクソ★

☆日は違っても同じクソ★
☆日は違っても同じクソ★
ウチには二匹の

人間以外の生き物がいます


ペットとして

ウチへ連れて来られ

共同生活を強要されているヤツら…


我々が担うべき十数年の責任


それをどのように捉え

それをどのように全うするのかは

飼い主次第


様々なスタンスがあって然るべきだと思っています


ウチの付き合い方は

子供ではなく

アクセサリーでもなく

コレクションでもない

まして

生きたぬいぐるみでもない

まァ

爬虫類なんで

元々ぬいぐるみなんて代物じゃあないですがね…


ただ、

末っ子であるこの僕に

面倒をみる

世話をする

といった

生命に対する責任を

少し教えてくれた

大切な存在であります


彼らの糞を処理する事で

彼らの食を管理する事で

彼らの健康状態を確認し

共に生活する喜びを感じて来ました


赤ん坊を風呂に入れ

湯舟に糞が浮かんでも

「ええのが出たねぇ。」

と笑っていられる

親の気持ちを

少し想像する事もできた気がします


しかし、

ペットとはあくまでも飼い主に都合のよい存在

その点が

子供とは違っているのかもしれませんね


でも、同時に

その生き物の性質から

飼い主の接し方が見てとれてしまうという側面を持ち合わせているとも思います

(親の…イヤ、飼い主の顔が見てみたい。)

という面では

咬んだり、無駄に暴れたりしない

ウチのヤツらは

少し誇らしくもあります

(親バカ…もとい飼い主バカ)


気持ちや波長が少しでも伝わるのならば

共に暮らした事を有意義であったと感じてもらえるように

(そもそもそんなモン感じるのかな?)

できる限り

スキンシップをはかり

世話をやいていこうと思っています


対等ではなく

手懐ける

それがウチでの付き合い方


とは言っても

ちゃ〜んと感謝もしてますし


愛しています


ウチなりにね☆


★★★★★★★


Same Shit Different Day


☆☆☆☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月28日 (日)

☆ばくばくアニマル★

☆ばくばくアニマル★
☆ばくばくアニマル★
こいつはどエラいハマりよう…


今更ながら

イグアナフードという物に手を出してみたんです


イグアナの【ニュート】がウチに来ておよそ六年

これまではずっと緑葉色野菜と果物、あとサプリメントでやってきました

生き物商の知人やネットで情報を収集し試行錯誤しながら


私個人の見解では

生き物を飼うのは我々のエゴであり、どっかでとっ捕まえて来てウチに閉じ込めているワケなので飼う事を決めた時点でその生き物に対しての責任を負うという事だと思っています

ですから、健康管理や栄養の供給は飼い主の最低限の責任ですよね


というワケで

よりバランスのとれた栄養を供給する為のサポートとしてフードという物に手を出す事にしてみました

このフードを購入した某生き物屋のスタッフ曰く、

「今まで野菜で慣らして来たコはナカナカ食べてくれないかもしれないですねぇ。基本、野菜メインで少しフード混ぜるくらいから始めて下さい。」

という事でした。


んが…


ばってん…


購入して帰り、早速フードの封を開けてみると、

たちのぼるフルーティーなかほり…

ハッ!!

沸き上がる一抹の不安…


いやぁ…

ウチの【ニュート】はバナナを見るとスイッチ入るんですよねぇ

普段は絶対に咬まれる事は無いんですがバナナを見せた時は勢いあまってイかれるんぢゃないかって程

ハンパ無いんですよ好き具合が

なので…

大丈夫かなぁ?

と思いつつ前へ


不安的中!!

スゲェがっつき…

初回からバンバン喰うやんけ!!

食いつきがいいのは元気の証拠だから安心なのは安心なんですけどねぇ…


その後は野菜に混ぜて出してもわざわざ選んでフード喰うてやがるし…


まいったなコリャ…


ちんげん菜の芯を完全に残すようになっちまった…

生き物ってすぐに贅沢になるもんなんですね


ただ…


ウチでは甘えは通用しませんよ!

今まで喰ってた物、喰えてた物は喰ってもらいます

イヤ…

意地でも喰わすけんな!

野菜喰わんヤツにはフードもやら〜んっ!!


一応ウチでは躾も行っております

イグアナを躾る事ができるという事は情報により、立証済みなので。


決してイジメている訳ではなく、ちゃ〜んと愛情をもって接してますよ!

今後も

常に情報を収集しながら彼らと共にすごそうと思っています


それが

ウチのエゴで飼い始めた責任だから


☆☆☆☆☆☆☆


実は今年も、実家の庭でなったみかんが大量に送られて来ました

ネットで調べてみたトコロ、イグアナはみかんもよく食べるという事だったので

みかんの消費に一役かってもらおうと思ったんですが…

(だって、ウチではそんなに大量には食いませんし…)

全然喰わね〜っ!!

期待ハズレ…

まぁ、

徐々に慣れてもらいましょっかね…


★★★★★★★


ちなみにここ最近は部屋にホットカーペットを出したもので

ニュートは私の傍らでホカホカしながら寝ています☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

★今夜はイート・イット(Eat it)★

★今夜はイート・イット(Eat it)★
★今夜はイート・イット(Eat it)★
衣食足リテ礼節ヲ知ル


先日、ツレから聞いたハナシなんですが…

食に興味がね〜のは

家庭環境…

らしい


てなハナシを

お互い賛同しながら

表参道界隈で食事を伴にする

30過ぎのヤローふたり…


おウチの食卓が楽しくなかったボクちゃん&おジョーちゃんにはそういう傾向がみられるそうな…


ナルホド…


お互い思い当たるフシが…


まぁ

過去は過去、現在は現在

ソレはソレ、コレはコレ

オニはソト、フクはウチ

亭主元気で、留守がいい

焼肉焼いても、家焼くな

ダッダーン!ボヨヨン!ボヨヨン!

ファイトぉ〜! いっぱぁ〜〜つ!!


というワケで

青春を取り戻すかのやうに

むさぼり食う現在


食事って楽しいな☆


そういえば十代の頃…

ほとんどヤ○ザな知り合いのオッチャンから夕食に誘われた際、何げに断ったら…

「【食事】を食い物を胃袋に運ぶだけだと思うんじゃね〜!!その場にいる人達との空気を共有する事も含めて【食事】っつ〜んだよ!!」

って、ハッ倒されたなぁ

その意味がだいぶ経ってわかったわ

だいぶかかったけど…


一時は

他人が食べるという行為をしているシーンを目にすると吐き気がするぐらいの時もあった

あんときゃヒドかったな


今は

目の前でヒトがウマそうに食ってたり、楽しそうにしてるのを見るのが好き


なぜだろうね?


ウチのイグアナやヘビが食ってるのを見ても

ココロが穏やかになる…

(へび山の食事は見方によってはスリリングかも知れないが)

それは食えてりゃ元気なサインだから


基本的な事?


良好な食事の光景は安心を生む


それを生み出すのは

たやすいようで

たやすくもない


だけど大事なんだね


多くの人間を幸せにする事はできないかもしれないけれど

まずは自分と関わる人々との時間から良いバイブスを共有できればと思う


良い波紋でまわりを満たせるように


少しでも


だから

今夜はそれを食え★


☆☆☆☆☆☆☆


自国の中にも食えないヤツらがいっぱいいるのに火星に行こうとしてみたり、ワンクリックで簡単に人間をブッ殺したりできるヤツらよりは…


マトモに考えて生きてやるぜ☆



え…?!

だからダブルクリックなら良いってワケでもね〜って!!

言ってないか…


★★★★★★★

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年4月22日 (木)

★へび山巨大化計画★

★へび山巨大化計画★
★へび山巨大化計画★

♪ハイリ ハイレ フロ ハイレ
フロ〜っ ハイレ ハイレ フロっ ホッ ホ〜っ♪

「大きくなれよ。」(低い声で。)


(今回は好き嫌いが別れるハナシなので苦手な方は御注意下さい。ハイ…。は虫類バナシです。)


なんといいますか、刺激されてしまったんですよねェ…。

ポーランドで。

暇つぶしで行った水族館で偶然遭遇した…

大蛇のフィーディングタイム。

いやはや…。

実〜にダイナミック☆


そんなに大きいのを?!

ひとくちで?!

もっといくの?!


そこで飼育係に質問Time。
(幸い彼は英語が話せた。)

「Hi!GUYS. ちょいと質問なんだけど、いったいどのくらいのペースで食べさせてるんだい?」

「毎日さ。」

笑顔で答えるスキンヘッドのマッチョマン。

「マジで?!」

「マジで。」

そらパンパンやで…。

改めて水槽内を見回してみると全てが凄まじいサイズの蛇々…。


通常、肉食の生き物達は食い溜めができる為に毎日は食わさなくてもいいと聞いていたんだけど…。

その心配をよそに閉館間際の館内で特大サイズのお食事を次々と食わせまくるスキンヘッズ。

確かに見応えは十分、時間を忘れて見入ってしまったんですが…。

ついでに上手に食べさせるコツなんかも聞いて来ましたよ。

食事がヘタクソなんでね。

ウチのへび山君は★


帰国後、久し振りにへび山君とスキンシップ。

(あれ?思ったより小さいなぁ…。)

キラ〜ん☆

ヨシ!!ウチももっと食わせよう!!


そして学芸大学にあるヘビ屋に直行。

改めて店員の青年とディスカッション。

(そこで判明したのだが、やはり毎日というのは食わせ過ぎらしい。)

しかし、今回からへび山のお食事もサイズUP!様子を見ながら徐々にサイズUPをはかる構想を練る。

福島産田舎鼠購入。

ワクワクしながらダッシュで帰宅。お食事の仕度をして、いざ投入。

ヒューっ♪

やればできるやんか。やればぁ〜っ♪

いつもはヘタクソなお食事がスムーズに成功★

よぉっし!来週はもうちょいデカいのいくゾ!!


★へび山巨大化計画発動★

まぁ、僕が絞め殺されないくらいにですけどね。


てげ!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

ヤツは草食系☆☆★☆

ヤツは草食系☆☆★☆
ヤツは草食系☆☆★☆
意外に知られていない事ですが…


ウチにも一匹生息している、イグアナは…


★草食系★


見た目に反して今どきなんですよねぇ…

え?

そういう問題ぢゃないって?


でもねぇ…

ウチではタフネスを信条としているので一緒に暮らしている以上、彼にもがっつりと肉を喰らってもらわないとしめしっていうもの
が…

はぁ…。

虐待、ですか…?

ぢゃあ、あんまり無理矢理はやめときます。

(本当は緑黄色野菜以外は食べさせようとした事はありませんよ!あとバナナね☆)


それにしても、昨年は草食系男子だとかお弁当男子だとかよく聞きましたよね。

料理をする男がよくないって言ってるワケではありませんよ。

料理人でカッコいい人はたくさん知っています。生き様としてリスペクトできる方を。

ただ、用語的に男が少し弱々しい印象を受けますよね。

やはり昨今の不況を乗り切るにはある程度、男はオトコらしくあるべきだと思うんですよね。個人的には。


えっ?

自分ですか?

バッリバリの肉食系です★★★

キバがあるんです。かまれると痛いですよぉ〜。

(そういう問題でもないですか?)


おや…?

ウチのイグアナが春菊に顔をうずめて寝ようとしています…

コラっ!!

メシの上で寝るんぢゃないっ!!


だってそれって僕がカレーに顔をつっこんで寝るみたいなもんでしょう???

| | コメント (0) | トラックバック (0)