« 大切なお知らせ☆☆☆ | トップページ | お蝶夫人☆☆☆ »

2017年1月26日 (木)

そんなの関係ねぇ!!☆★☆★☆

言うまでもない事ですが


僕、

傷つきやすい方なんです…



今だから告白しますが…


実は

しばらくの間、

あんなに大好きだったプールに

通わなくなってしまっていたんです


というのも

最後にプールに行った際、

競泳用の

シリコンキャップ(水泳帽)とゴーグル(水中メガネ)を

うっかり更衣室に

忘れて来てしまったんですが…


ええっと

置き忘れのクセがなおらない事も

ここで告白しておきますね


子供の頃から

万引きならぬ…

様々な場所に

色々なモノを置いてくる

万置き(よろずおき)

の常習犯でございます


そういえば、数年前には

仕事道具の一切合切

(ハサミやそれを入れるオーダーメイドの革ベルト一式)







万置きの末、

再び出会う事はありませんでした…


して、

今回の事例では

気づいた時点で

すぐに

某○本木小学校の温水プールに

電話で問い合わせましたよ

またすぐにお邪魔するのでとっといて下さい

という気持ちで…


ところが、

職員さん「忘れ物としては届いていませんね…。」


え?!





う…そ…

うそやん…

うそやろ…?

もう一回ちゃんと見て…

「ゴーグルの忘れ物は届いておりません。」


プーっ プーっ…



ですよね


これぞ







万置き!!




自らの管理不足がまねいた結末とはいえ

人知れずダメージを受け

陸に打ち上げられたトビウオと化していたわけです


それからというもの

ただいたずらに…


時の流れに身をゆだね、

傷が癒えるのを待ちました…


やがて

過去を拭い去り

よりレーシーなゴーグルを手に入れた僕は





再び

かのプールへと赴くのでありました


そこで

また事件は起こるとです…


僕が通っている

某◯本木小学校は

区の運営する施設ですから

時として

様々な団体様と遭遇します


今回は小学校の中学年くらいのご一行が

スイミングスクールを受講していました


僕も最近はトレーニングが過剰になりすぎないように一時間くらいでとどめておくようにしていますから

ちょうど彼らと

滞在時間がドンかぶりだったワケですね


僕にしてみれば

小学校の中学年なんて

ライバルにも満たない

と、たかをくくっておりましたから

ストイックに黙々とメニューをこなしていた…


のが彼らの気にさわったのか?

はたまた

モジモジ君のようなイデタチの僕の姿が気になっていたのか…?


ここで注釈をつけさせていただきますと、

僕は諸事情により

海女さんのような格好で





スイムに及んでおります

右側のみ足の甲まで諸事情がございますから

右足のみソックスも着用している状態ですね





お子様にとっては

色々とツッコミどころが満載であったのかもしれません

そしてストーリーは佳境へと向かうのであります


ひとしきりの遊泳を終え

更衣室へ雪崩れ込むスイマー達

僕は諸事情により

コソコソと更衣室の奥へ進みます

さらに

世間の目を気にして

カーテンの付いたパーテンションの中へ





そこにて

静かに脱衣をはかっていた、その時!


「そんなの関係ねぇーッ!!」


一人の少年が

湘南乃風よろしくタオルを振り回して







僕が中でカマしていた脱衣所のカーテンを

シャーっ!!

と開けて来たのであります



こんなの 初めてェェェェ〜っ!!








正直、

生まれてこのかた

イジメにあった事のなかった僕は

完全に油断し切っていました

無防備全開。(金)。

禁?

こんな事が起こるなんて

1%も想定していなかった僕は

とっさに声をあげていました


ゴォラァァァっ!!!!


開かれた世界の向こう側でズラリと並ぶ子供たち…

完全にフリーズしています


思ったより僕が大きな声を出してしまったのか…

(更衣室って声が響くからね)

全裸のはずなのに僕が長袖だったからなのか…

僕の下半身が大人だったからなのか…


理由はわかりませんが

とにかく

子供たちはフリーズしています…


僕はそそくさと着替えを済ませ

いつも行なっている

使用したロッカー周辺のモップがけを始めました


すると子供たち、

さすがに気まずさが最高潮を迎えたのか

やたらと僕に話しかけて来ます


「ねぇねぇ係の人なの?」

「それは好きにしていいって言われたの?」


少し濡らしちゃったから拭いて帰るんだよ。

その方が後から来た人が気持ちいいでしょ?

くつ下が濡れるのは嬉しくないからね。


と答えたら

さすが目黒の子供たち

フムフム聞いて学習しているようです


当の湘南乃風はというと…


まだ海パン姿で走り回っています






他のみんなは着替えが終わってしまいそうだというのに


なんか小さい頃の僕みたいだな…


僕はスマホをいじっているフリをしながら

彼が着替え終わるのを待ちました


「さよなら〜っ。」「じゃあね〜。」


少年たちは僕に挨拶をしながら次々と去って行きます

湘南乃風もさすがにアセって来た様子…


トップスごと下着にブっ込みながら大慌てで着替えています

僕はタイミングをみはからって

別れ際の彼に

ナタデココでも飲みなさい







ロッカーから戻って来た100円を手渡しました


「ねぇねぇ海賊の人なの?」

え?!



どーゆー事?!


モヤモヤっとした疑問とともに

ポツリ窓の無い部屋にひとり…


新たな心の傷を携えて

僕は家路につくのでした







☆★☆★☆★☆













|

« 大切なお知らせ☆☆☆ | トップページ | お蝶夫人☆☆☆ »

スポルツ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1289483/69383779

この記事へのトラックバック一覧です: そんなの関係ねぇ!!☆★☆★☆:

« 大切なお知らせ☆☆☆ | トップページ | お蝶夫人☆☆☆ »