« 2015年2月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月の1件の記事

2015年4月16日 (木)

ドラゴンクエスト★ドリフターズ 〜夜の勇者たち〜

いやぁ…ささっちゃいました

ドラクエの戦闘曲★




レベル上げ等でひたすら敵をシバき倒しまくっているときには

ただただ冒頭ばかりを繰り返し聴くハメになるのですが、

苦戦を強いられ戦闘が長引くとスリリングに展開してゆく曲構成…


ナツい、懐いなァ〜☆




思わずオリジナルのゲーム音でも戦闘曲メドレーを拾っちゃいましたよ


リアルタイムだったんです

【DRAGON QUEST】は

カニ歩きだった『Ⅰ』から

シリーズを重ねるごとにシステムも進化

『ふっかつのじゅもん』を書き損じてテレビの前で放心してみたり

『ぼうけんのしょ』が消えてしまってテレビの前で虚脱してみたり

新作発売日にはドラクエ狩りが行われ

そして伝説へ…







とは言ってもボクが本気でガッツリやったのは世代的にも『Ⅴ』までだったようです


当時

週刊少年ジャンプ世代だった我々は

ドラゴンボールという懸け橋もあり

するするとドラクエにのめり込んで行ったワケですね

(念のために知らない人や女子供たちの為に軽く説明するとドラクエのキャラクターデザインはドラゴンボールの作者『鳥山明』氏だったんです)

あと週刊少年ジャンプの誌面上で新作の開発リポートが掲載されていたため…

自然と次作の発売日を待ちわびたものです


キャラクターの親和性に関してはビックリマンの影響もあるかもしれませんね

キャラのプロポーションがちょっと似てませんか?





とにかく、

すり込み(?)というモノは末恐ろしいもので

今でも

時々どこかでドラクエのテーマソングを耳にしては

ドラクエ熱を呼び戻されそうになっています


そこで

偶然知人にスクウェア・エニックスのまわし者がおりましたので

軽くレコメンドしておうと思い

サ「俺がやってないナンバリングタイトルで、コレはやっといた方がいいってヤツある?」

と問いかけてみました


いまや

ファイナルファンタジーシリーズのスクウェアと

ドラゴンクエストシリーズのエニックスが

力を合わせているこの世界

とんでもない名作が生み出されている可能性があるぢゃないっちゃれら?!


何なら帰りしなに買って帰ってやろうか!くらいの気持ちで回答を待ったのですが

客人「イヤ!大丈夫っす!それでオッケーです。」





サ「そうなんだ…ありがとう☆」



そういえば、ふと思ったんですが

魔法ってあんまり使った印象がありませんね…


アタシのドラクエの戦い方はというと

ひたすら

▷たたかう

を選択!

ただひたすらに!

攻撃魔法なんて使うもんですか

後ろの奴らに回復魔法だけを唱えさせながら

どちらかがブッ倒れるまで

ベタ足インファイトで

どんなラスボスも

シバき倒して来たんです


え?

間違ってる?


だって竜王にベギラマ効かんかったやん

せっかくバイキルトとかやっても

ゾーマはすぐ『いてつくはどう』してくるやん!


おっと…

楽しみ方はヒトそれぞれですね

戯言はこのくらいにして


どなたかDJの方々、

アッシをドラクエ戦闘曲で踊らせておくんなせェ!

『Ⅰ 〜 Ⅴ』までで!!

いい時間帯に【ゾーマ戦】の曲とか来ちゃったら






昇竜拳出します


お願いしますね★★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年5月 »