« ☆enjoy KETO☆ | トップページ | ☆★おいたが 過ぎては ATOM YOGAへ★☆ »

2010年10月21日 (木)

おもひでの 祭り囃子が きこへては★★★★★

おもひでの 祭り囃子が きこへては★★★★★
おもひでの 祭り囃子が きこへては★★★★★
こみ上げし 涙 止まらず…

先日、

大井町の鹿島神社のお祭りに、かけつけた

そこで

ようやく見る事ができた

彼の勇姿…

もう、彼とは十年以上の付き合い

彼、というのはこのブログにも何度か登場している小松家(約十年お世話になった前の大家さん一家)の長男

僕が彼に出会った時は、まだ声変わりもしていなかったあの少年が…

今や19歳

引っ越して間もない頃、どこからかともなく聞こえて来るお囃子の笛の音

近くでお祭りの練習でもしているのかと思いきや

ひ〜ちゃん(小松家のマドンナ)
「ごめんね。うるさかった?上の子が吹いてんのよ〜。」

一時は、一年中聴こえていた祭り囃子

たまには父子そろってセッション祭り

こころ温まる光景

彼が思春期の頃には、(父子そろってサーファーでもあるため)色気付いて髪を伸ばしていた時期もあり(サーファーカットね)、僕も仕事柄、よく相談をうけていた

そんな折、祭りに参加するにあたって髪を短くしなくてはならなくなり、頭を悩ませていた姿も

間近で見て来た

ただ、まだその時僕は

彼が祭りにかける思いを、わかってはいなかった

僕は勝手に

もしかしたら、もう祭りには行きたくないのかなぁ?若いコがオシャレや他の物に興味が出て来たらだんだん離れていくものなのかもしれないしなぁ…

とか思ったりしていた

しかし、そうでは無かった

彼はそこまでしてでも祭りに参加したかったのである

それから今回まで、何年もたったのだが

毎年、彼は祭りにのぞんでいた

それはよく知っている


そしてやっとその機会を得た

彼は数日前、僕の所に髪を切りに来た

格段に短くしたいと言う

自らの意思で

結局、ほぼ坊主

(魔裟斗の引退試合の時みたいなね)

意気込みは十分、気合いを入れた

そして祭りの場所の詳細を聞いた



当日、僕は仕事が意外と長引いてしまい、急いで現地へ向かった

池上通りに入ると渋滞していて先に進めない

路肩にバイクを置き去り

お囃子の音のする方へ

走った

無我夢中で

見えた!神輿だ!!

数十人の猛者が一つの神輿にひしめき合っている

ひ〜ちゃんから

「初めて見た時は、鳥肌もんだよ〜。」

とは聞いていたが

たしかに勇壮である

その猛者共の中に


彼はいた…

「勇太ァ〜っ!!」



勇ましかった…



自然と込み上げてきた…

涙が…



僕はそこに立ちつくした…



その時、同時に驚きもした

この一つの大きな神輿に何十人もの人が群がっているのだが

意外にも太鼓と笛のお囃子は一人ずつ(それでも物凄い音圧である)



その神輿の傍らに勇太がいる



家でさんざん聴きなれた笛の音が



今ここに



こうしてブログを書いているたった今も涙がこぼれそうである



バリバリに短くした黒髪の(ほとんど)坊主アタマが

はっぴとはち巻きに、よく似合っている

一番よく似合っている



まわりの担ぎ手の首にある

神輿こぶが

年月と意気込みを物語っている



ここにいたんだね



勇太



カッコよかったよ



来年もまた来るからな



そしてまた泣いてやるぜ〜っ!!



アイ ラブ 小松家 フォーエバー



以上!!



☆☆☆☆☆☆☆
2010101717050000

|

« ☆enjoy KETO☆ | トップページ | ☆★おいたが 過ぎては ATOM YOGAへ★☆ »

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おもひでの 祭り囃子が きこへては★★★★★:

« ☆enjoy KETO☆ | トップページ | ☆★おいたが 過ぎては ATOM YOGAへ★☆ »