« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の10件の記事

2010年9月28日 (火)

☆カレーはインドのたまもの???☆

☆カレーはインドのたまもの???☆
☆カレーはインドのたまもの???☆
♪ガンダーラ ガンダーラ

They say it was in INDIA

♪ガンダーラ ガンダーラ

愛の〜国〜 ガンダーラ〜♪


というワケで、行きつけのコンビニの奥さんから

【カレー好きの人】

のレッテルをはられてはや数年…

(2009年 11月15日記事「★いつもの…★」参照)

そろそろほとぼりも冷めましたかね…?


実は今月、土日になると毎週と言っていい程

様々な国のフェスティバルが開かれていたんです

代々木公園で★


ブラジルフェスティバルに始まりベトナム、スリランカフェスときて

その大とりは…

【ナマステ・インディア 2010】?!

まずはココでそのネーミングに対してツッコミを入れたいところですよね

「フェスティバルちゃうんかいっ!!」

言ってください。さぁ、言ってやってくださいよ☆

いいんですか?もういいんですね?もう先に行きますよ


以前開催されたタイフェスとブラジルフェスティバルには顔を出した経験があるんですが

今回のインドフェス…もといナマステ・インディアも中々の賑わいです


ただ、

ステージ上のイベントは…

なんだか寂しい感じですね

ブラジルフェスティバルにおけるミスコンでは親衛隊が出動するほどだったんですが…

あっ!そこは触れない方がいい?そうですね…


まるで拳王親衛隊のようなルックスをした物売りのOSを横目に、そろそろ腹ごしらえをしたいところですね

そうです

ハナからカレーを食いに来ていたんだすから


まずは

ハリヤリティッカでジャブを打ち

二種のカレーとナンのセットを手にいれて腰を据える


そういえば…

土日なのに何してるんだって?

メシですメシ!!


この世にカレーに勝るものは無し?!


とは言っても、まわりにやたらインド経験者が多いわりには自分はまだ一度も行った事がありません

人生観が変わるっていいますもんね

そろそろ行っとくべきでしょうか?


ボン シャンカール★


☆☆☆☆☆☆☆


あ…そうそう

インド人演歌歌手のチャダ氏には

ちゃんとメッセージを残して来ましたよ

ね☆


★★★★★★★

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

☆★FAMILY VALUES☆★

☆★FAMILY VALUES☆★
☆★FAMILY VALUES☆★
自分にはいったい何ができる?


この数日、

ずっとそれを考えていた…


でも、

新鮮だった

家族との【お出かけ】を楽しみに待っている自分が


二日間、泊まり込みで舞浜に出かけた

いや〜

サスガに

ディズニー2DAYSは初めてだす☆


そこにて姻族のふたりと初顔合わせ

そして時間を共にした


今回の自分の役割は

☆このふたりを楽しませる事☆


なぁに、

別に誰かに頼まれたワケではなく

ただ自分で勝手に決めた


なにせMAP無しでもどこに何があるのかぐらい把握してますんで

自分が楽しむ事なんて、ハナからどうだっていい


とか言いつつ…

楽しかったよ

スゲー


色んな事を感じ、学んだ

ふたりが教えてくれた


自分が生きる意義がひとつ増えた


妹や弟が増えたような気分


自分にできる事があるのならば何でもしてやりたい


彼らの存在は自分の人生にしっかりと刻まれた


とても名残惜しかった…

また会おうな


その笑顔をまた見たいから


俺達は家族やから


☆☆☆☆☆☆☆


とりあえず

ベビーカーや車イスに気がついたら、道をゆずれ


★★★★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

限りある 時の中で ぼくらは…☆☆★☆

限りある 時の中で ぼくらは…☆☆★☆
限りある 時の中で ぼくらは…☆☆★☆
改めて自らの立ち位置を確認した…


自分で【随一のSATANIST】と自称している事もあって

聖書を持った人達とぶつかる事もしばしば…

ただ、

あちら側は、すべての諸悪から解き放たれた永遠の楽園を待ちわびる民達

こちらは、現世におけるリアリズムを推し通し、神や楽園の概念を否定し続ける者

(それでもナゼか僕の事を好きみたいなんですけどね★)


なんか

全知全能の神の存在を人類に認知される事を妨げている存在が居るらしいんですよ

その為に数千年もの長い間、人間は死や悲しみなどを味わわされているらしいんですがね

その、たった一人で歯向かっているのがサタンという訳なんです


う〜ん、やはり…

ポジショニング的にも…


サタンのようです☆


あちら側に言わせればね…


ぼくらは

限りある事象の中で生きています


すべてが手に入る事はありません


例えば、

時間、お金、友人、家族、etc…

人はまだ手にしていないモノ、手に入らないモノを欲しがります

けれど

手に入れられるのはその中のほんのひと握り

手に入らないモノの方が圧倒的に多く

この世はそのくらい数多くの現実に満ちている


だからこそ

限りあるモノを大切にする事ができる


だからそばにいたい


失えば悲しくなり

手にすれば嬉しくなる


感動は神の玩具ではない


限りがあるからこそ湧き上がる


その手に入るひと握りに

かけがえの無さを見い出せれば

それはとても幸せな事


かけがえの無いモノこそ

たやすくは手にできない


それを手にできるのなら

他に無いモノがあっても

受け入れよう


かけがえの無いモノを誇る事ができるから


だからぼくらは…

それがいつか僕ひとりになっても

最期まで現実に生きる


それは

確固たる意志?

頑固たる意地?


この胸に残る思いだけは永遠?


だから

そちらに行けば楽園が待っていようとも

あえて棒にふる


それがサタンだから


☆☆☆☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

サタンとサザエ☆ねぶた祭で☆さんとちゃん

サタンとサザエ☆ねぶた祭で☆さんとちゃん
サタンとサザエ☆ねぶた祭で☆さんとちゃん
らっせ〜ら〜★らっせっら〜

 

ようやく暑さもやわらぎ

去り行くSUMMER TIMEに少し寂しさをおぼえる今日この頃

巷ではその憂鬱を拭い去るべく【お祭り】が繰り広げられまくっております

あっちも こっちも

そっちも こっちも

にっちも さっちも

どーにも ブルドッグ♪

 
そして面白い事に東京では土着型のお祭りに限らず、

日本各地のお祭りが様々な街で宴られているようです

 

先日初めて、サザエさんの街桜新町で行われている

【ねぶた祭】

を見に行って来たんですが

こちらもなかなか活気があって、見ている側も血沸き肉踊る…

ねぶたの周りだけでなく、街のあちこちで子ども達があの独特なケンケン跳びをしてしまう気持ちがわかるような気がします

僕もその後数日はケンケン跳び以外では歩くこともままならぬ程…

わったっし〜も サザエさん♪

あなたも サザエさん〜♪

まぁ、そういう事です☆

ん…?

今、ふと思ったんですがね

そろそろ僕もサザエさんの年齢を上まわってしまったのでこれからは…

【サザエちゃん】と呼ばしてもらおうかしら?
 

今後、もし僕がまたサザエさんと呼んでいたら…

「アンタ、いつまで若いつもりだいっ?!」

と一喝して下さいませ★


☆☆☆☆☆☆☆


そういえば…

【波平】

だけは子どもの頃から

【波平】

って呼び捨てやったなぁ…


らっせ〜ら


★★★★★★★

Img_1272

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月16日 (木)

★UNDERSTANDとACCEPT★

★UNDERSTANDとACCEPT★
★UNDERSTANDとACCEPT★
久々の再会…


以前共に働いていた後輩に会った

前の職場と袂を分かつ事になって以来、初めての事

特に前の会社のスタッフに対して自発的に面会する気になった事自体が初めてである


彼は、僕個人的な意見としてはもっと評価されてしかるべきだとおもっている存在である


実に有意義だった


不思議と職場の話は大してせず(特に意識していたわけではない)お互いの近況報告や業界全般の話、精神的な内容につきた

上司や先輩はさておき、真剣に関わっていた後輩達にはがんばって欲しいものである


ただし、その対象は限定される

以前の小松家に関わる問題以来、前の職場に対する気持ちは変わっていない

この件に限らず、「赦し」という事に関して考える時はしばしばある

それでもこの件に対しては未だ、その域に達する事はできないでいる


そして今回、彼の口からその後の会社の動向について聞いた事によってそれはより強固なものとなった


なんと彼はその件について把握していないというのだ

へぇ〜

失笑である


あの件の終盤、【店長】は自分に対して

社内の伝達系統に改善の余地がある。会社として受け止めて対応する。

といった発言を謝罪も込めて、のたまわったにも関わらず…

スタイリストである今回会った彼にすら伝わらずに終わっていたのである


実に軽々しい発言


ナメられたもんだ


まぁ、所詮この男

この僕を下北沢のもう一店舗から呼びつけ(店舗間の異動)、顧客の減少も覚悟の上でそのハナシを受けたその相手に対して、とある後輩が退社した際には責任を押しつけ逃げる事で自分の身を守ったヤツである


そんなもんだよな


当時は会社にとって都合のいい扱いも敢えて受けて来たが

あくまでも過去のハナシ


それが「対応」だと受け取ったよ


理解はできないが受容した


そんなに目くじらたてなくても…

しかし、自分の大切な人間を傷つけられた事柄がこのような扱いを受けている

これはその

自分に愛情をかたむけてくれた人が受けている事に対してのせめてもの報いである


「赦し」のこころを持てる存在にはなりたいと思っている

だが

自分の生き方として曲げられない部分もある

それは今後いかなる事が起きようとも神を認める事が無いのと同様である


自分で刻む決定事項


大切な存在を傷つけられた時には全身全霊で立ち向かう


今回、

前の会社と、店舗の代表、店長には


改めて落胆した


☆☆☆☆☆☆☆


今回会った彼とは

先輩、後輩としてではなく男同士の関係として今後も付き合っていきたいと思う

彼らには幸せになってもらいたい


★★★★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月11日 (土)

それは正義?!…AND JUSTICE FOR ALL★★★

それは正義?!…AND JUSTICE FOR ALL★★★
それは正義?!…AND JUSTICE FOR ALL★★★
「電源切って!!」

先日、久々に電車に乗った時のひとコマ…

僕のツレがメールを送信するべく携帯電話を取り出したその刹那

トイ面のOSから、もの凄いレスポンスで烈火の如く浴びせられたワンフレーズ


おっと、

失礼いたしました

ここは優先座席でした

まことにうかつでした

申し訳ありません…


ちなみにこのOS、我々の謝罪に対してはシカトで応えてくれました


フォローするわけではありませんが、このツレ…

例えそこが優先座席でなくとも必要な場面がおとずれれた時には車内にいる他のどの人間よりも速やかに席をゆずることができる人間です

ただ今回は本当にうかつでした

今後は二度と無いようにします


その時、

僕の頭にふと浮かんだ事…

このOS、若者に注意をする場面では最強の拒絶タイプ【使徒 ゼルエル】を思わせる程の光速レシーブを見せたわけですが

目の前に人助けが必要な場面がおとずれても同様のレスポンスで対応できるのだろうか…?

勿論この方の行為を否定しているわけでは毛頭ありません

ただ、

そうあって欲しいと望むだけであります


ネット上にも、正義感を持ってして少しでもモラルに反するモノを完全に拒絶してくる存在がいるそうです

忠告や制裁も時には必要です

それによって守られるモノの少なくない


それならば

人を思うのなら

抑止だけではなく

人助けや親切にも

同様のレスポンスとパワーで

臨むことができれば

とってもステキな事ですよね☆


この日本で

どこにいても

当たり前のように

親切のかけあいを

目にする事ができたなら


本望です


☆☆☆☆☆☆☆


我々は

どの座席に座っても

必要ならば速やかに

席をゆずる心の準備はできているので

空いてさえいれば優先座席にも座ります

ただし、

ペースメーカーなどを使っていらっしゃる方もおいでになると思うので

電気機器の使用に関しては今後、より一層気をつけます


★★★★★★★

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 9日 (木)

☆【苔守】現る ふたたび!!☆

☆【苔守】現る ふたたび!!☆
☆【苔守】現る ふたたび!!☆
♪Wah wah テテテ テ〜ン テ〜ン ×2

♪ディスェン ナ ソーン フォザ ブローケン ハーレー…

♪イッツ マ〜イ ラ〜イフ!

【苔守】の小竹社長のポッケから鳴り響く着メロ

サ「え〜っ?!小竹氏、BON JOVI 好きな〜ん?!」


男子たるもの、一時はBON JOVIに魅力を感じながらも

「BON JOVI好きなんてカッコ悪いゼ!!」

な〜んてカッコつけて蛇行したのを経て

「やっぱBON JOVIええんちゃうん?」

と改めて魅力に気付かされ、舞い戻るという

大人の階段を登る図式…


ミー トゥー☆ミー トゥ〜っ!!


あ…そうそう

【苔守】ふたたび!!


先日、こちらのブログでも紹介した【アートモス フレーム】に続いて

【アートモス アクア】小竹スペシャル★☆

が【105】に運び込まれました


こちらは家庭にもより最適な最もコンパクトなサイズ

ちょっとした台と電源さえあれば手軽に設置できるタイプですね

それを小竹社長が八ヵ月間、手塩にかけてカスタムしたモノを奪い取ったというワケです

(ちゃ〜んと我々がかわいがってやりますよw)


これならば我が実家の玄関の下駄箱の上

(全国津々浦々のお土産品ディスプレイコーナーね)

にもピッタリ?

熊が鮭を捕らえた木彫りの人形の傍らで松茸の薫りをただよわせておくんなまし


ちなみにこれらの【アートモス】シリーズはカスタムも可能で

お客さまによっては自ら器や照明機材を用意し、盆栽感覚で作り上げる方もいらっしゃるそうです

楽しみ方も人それぞれ


目指せ!苔マイスター?


あ…

そろそろ気付きました?


そうそう…

いつものまわしモンのコーナーですよ☆


★★★★★★★


今回、小竹氏が愛情を注ぎ込んで育てた生娘のような存在を取り上げた代償には

BON JOVIのDVD「WHEN WE WERE BEAUTIFUL」をプレゼントしました

12月の来日公演に行った時にはツアーTくらい、お土産として買って来ますよ

だから泣かないの!!

ね★小竹氏


☆☆☆☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 5日 (日)

わてら ミスコン 見逃し隊★★★★

わてら ミスコン 見逃し隊★★★★
わてら ミスコン 見逃し隊★★★★
「今日はブラジルフェスティバルだぜ。2時からはミスコンが…」

【APOCARIPT】の託さんからの誘い

「昨日、今日サタンのネタ集めにでも…」

タ、タクさん…

【今日、昨日サタン】ですって!!

狂気の沙汰…

ね☆


というワケで代々木公園で開催されているブラジルフェスティバルに足を運びました

ちょうど14時頃に現地入り、速やかにイベントステージへ

どうやらタクさん達はまだみたいですね

「ステージのかぶりつきあたりに居てよ。」

御意


ステージではずっと何かしらのイベントをやっているようでしたが、何やら盛り上がりかたがハンパなく、前の方へ行く事もままならない…

もうチョット激しい音楽を流してくれたら、ダイブやモッシュでも出来そうな雰囲気です

そしてエントリーガールズの応援団の熱気はまさに凄まじく…

(プラカードや応援旗のクオリティも高く、そしてデカい!!)

これは一大イベントのようですね

ミスコンは★


どうやら審査が何次にも分かれているらしく合間にはバンドが出てきたり、カポエラのチームがパフォーマンスに出てきたり…

ステージ脇に一人でいる僕は家族連れの餌食になったり…

まわりのブラジリアンが大合唱をしている最中、ダンスを強要されつつも続々とデジカメを渡される始末…

スッゲぇフレンドリーに話しかけてくれるのは嬉しいんですがねぇ、サスガにポルトガル語は一切わかんね〜って!!

まわりにゃ一人も日本人いね〜し!!


タクさ〜ん!!まだですか〜っ?!


16時くらいだったかな…

タクさん御一行到着

やれやれ一安心です

この炎天下の中、これ以上子供達のエネルギーには付き合ってられません


「リングイッサ食った?」

ブラジルのソーセージをハシゴするお肉食べざかりのタクさん

代々木公園は肉肉しいニオイにつつまれております

【KETO】のマルキー君とも合流

あっ、子連れ…

(キッズ3人、加入☆☆☆)


ただ、

肉には十分にありつけたんですが

アサイーというフルーツはもはや売り切れだったようす

御一行、口々にアサイーのハナシを…

「アサイー食って、牛肉食って、リングイッサ食ってたら自分が何やってるかわかんなくなる…」by マルキー君

アサイーって一体…?!


それにしても日本にはこんなに大勢のブラジル系の人々がいたんですね

和彫比率が高いのも印象的でした

あと、カタカナで二人分の名前をタトゥーしてるオッサン…

ニコニコ近寄って来るんでハナシを聞くと

別れた女房の名前かよ…

アーライっ!!


そんなこんなで日も落ちて…

ラッキィ池田がブラジル人に包囲されたり

闘莉王に近付こうとする人がいてみたり

マルキー君の娘(二才児)に蹴りを入れられたりしてる間に…


なにやらステージのイベントは終了してしまったようす…

水着審査や表彰を完全に見逃した面々

(そもそも水着審査なんてあったんだろうか…?)


ま…

楽しかったからいいか

帰ろ帰ろ〜☆


★★★★★★★


ちなみに

【tane】のタンちゃんの商品はJOURNAL STANDARDでも扱ってるそうですが、インディアンジュエリーetc…と一緒にはしないで欲しいそうです

一応、オシャレ系でせめてるらしいんで…?


☆☆☆☆☆☆☆


そういえばアサイー

今から行けば間に合うかな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年9月 3日 (金)

★サタン すいか 食わずして SUIKAのLIVE 出没★

★サタン すいか 食わずして SUIKAのLIVE 出没★
★サタン すいか 食わずして SUIKAのLIVE 出没★
at 【晴れたら空に豆まいて】

いやぁ…

名前からしてイイ感じのハコですなぁ

代官山の駅からもほど近く

同じフロアにはお洒落な中華料理屋があるステキなビルにそこはあり

中に入っても和風テイストを取り入れた趣のあるハコでした

何げにこちらは、以前に「スイカ夜話」が開催されていた【月見ル君想フ】の系列店のようです

ナルホド…


で、久々にSUIKAのLIVEに参加して来ました

アトミンのRAPを聴くのはこの前のATOM YOGAで般若心経をRAPしてた時以来…

(アレは違うか…)


SUIKAはHIP HOPをバンドでやっているという珍しいユニットです

やはり全てが[生]

というところがより強いグルーヴとその場の一体感を生み出すのかもしれませんね


SUIKA:

◇Kazutake Takeuch (wurlitzer)

◇ATOM (rap)

◇タカツキ (rap&woodbass)

◇toto (poetory reading)

◇けっちゃん (cajon&percussions)

というラインナップ

(あ、今回はさらにエレキベースが加わってましたね)


バンマスであるカズタケ氏の躍動感のあるエレピ(大暴れ)とけっちゃんのパーカッションに3つのマイクが乗るという

常にお互いの空気をはかりながら、織り成す時空間

是非ともLIVEを体感していただきたいですね

何たって僕は基本的にはメタラーなんでHIP HOPには興味ナシ

若かりし頃にはイベントに誘われては行くものの、ガン寝を繰り返し、よくB-boyとケンカになったもんです

そんな僕が「105」のBGMとしてもかけているくらいですからね


何でかな〜?


何でだろ〜?


でも本当にLIVEは必見です

本当のアトミンが見られますw


今回、アトミンが「すいか」のハナシをし始めたんですが…

その他のフルーツは一人でも食べられる物が多いけど

「すいか」は一人じゃ食べずらい

スイカ割りも一人じゃ出来ないですもんね

そのパーティー性が素晴らしいんだと…?!

で、やっと今年「すいか」を好きになったらしいです

SUIKAなのにね☆


あと印象的だったのがアトミンのストーリーテリング

若かりし頃のBLUE HEARTSとの出会い

胸にぽっかりと空いたトコロにハンマーが振り落とされた

出会えてよかった

出会うべくして出会った

実はアトミンのRootsはヒロトらしいんですよね

(だったよね?!)


僕も最近…


【君に会えてよかった】


と感じる事があります

まぁ、それはまたの機会に…


今回はATOM YOGAの生徒さんの姿もチラホラ

そしてSUIKAのメンバー全員とも

和やかに

あ〜だ こ〜だ

話してから引き上げました


代官山のアツい夜…


人との出会いに感謝して


★★★★★★★


そういえば

今年、こんなに暑いのに

まだ「すいか」食べてない

スイカバーも最近ウチの近所のコンビニに置いてね〜し!!


☆☆☆☆☆☆☆


何げにこの後、

もう一つバンドがいて

東京事変のメンバーのバンドだか…


ま、

いいや


★★★★★★★


10月24日(日)は代官山UNITにて「スイカ夜話」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

BIG in Japan☆★★★

BIG in Japan☆★★★
BIG in Japan☆★★★
初秋の候

暑さ厳しき日が続いておりますがみなさまいかがおすごしですか…?


それにしても、最近は日本国内においても外国人の方と遭遇する機会が多くなってきましたよね。

あとたまたま自分の職場が表参道近辺だという事もあってか、あの界隈では明らかに「観光中だぜ!」という雰囲気の外国人旅行者の方々と

【犬も歩けば棒に当たる】状態

あ、イヤ

自分は犬ではありませんし、外国人の方も棒なんかじゃありませんよね…

【濡れ手にあわ】状態

アレってね、振ってもなかなか落ちないし、払おうとした方の手にまた付いちゃったりと本当に…


何のハナシをしとんねんと…


とまぁ、このくらい頻繁に外国人さんと遭遇するワケなんですが、

みなさんも触れ合っていますか?


自分も海外を旅していた時、何度となく

現地の方にも

そうでない方にも

まっとうな方にも

そうでない方にも

助けていただいた経験があり、その時の些細な親切が旅行者にとって大きな手助けとなる事を知りました。

なので、日常的に街中で外国人の方を見かけたら、頼まれてもいないのにカジノの場所を教えたり、美顔器を売りつけるべく事務所に連れて行ったりは…


してませんね…。


でもナゼか、

しょっちゅう道を尋ねられるんですよねぇ…

自分なんかオフの時なんかはロン毛にグラサン

トップスも半袖を着用しているので、それでも長袖…

まわりにはもっとナチュラルな青少年達がわんさかいるにもかかわらず、

「スミマセ〜ン。」

「エクスキューズ ミ〜?」

「アナタハ カミヲ シンジマスカ?」

「ヤメルトキモ スコヤカナルトキモ…」


なんでやねんっ!!


まぁ、

こういう時はみなさんも、親切に…

何なら大阪のオバちゃんばりに目的地まで連れていってあげるくらいの事はしてあげても、バチはあたりませんよね。

しかもその道中はタダで英会話のレッスンができますし、

会話の中で昔のタレントのように

「I am a Japanese most famous ○○ !!」

なんて自己紹介をしておけば、彼らが帰国した後

まわりの友人達に

「俺達、ジャパンのこんなスゲェ人に道案内してもらったんだゼ!ニッポン人はとっても親切なんだ!グレイトだろ?!」

なんて事になるかもしれません。


嘘も方便…


あ、自分はそんなウソはつきませんよ!!

良い思い出は多い方がいいっていうだけです。

リピーターが増えると経済効果もありますしね。


というわけで僕はキメ顔とサインの練習でもしておこ〜っと★


☆☆☆☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »